手作りの財布を使っている人も最近はたくさんいます。財布にはいろいろな種類のものがありますが、たとえば、がま口財布などは手作りしやすく、また型紙などがなくてもそのまま作ることができるキットになっているものなどもあります。手作りでいろいろなものを作っているうちに慣れてきて、自分好みのものを作ることができるようになります。ミシンを使うのが苦手、という人でもハンドメイドなら手で針を使って縫っていってもいいので、簡単に作ることができる財布に挑戦しやすいというのがいいです。いろいろな手作りの作品がありますが、まずはひとつ作品を仕上げてみることが大切です。財布ならがま口のものを一度作ってみるとアレンジもしやすいので、初心者でも手作りを楽しいと思うことができるようになります。

まずはキットからはじめるといい

手作りでいきなり型紙を使って型をとって作るのは無理、難しいという人もいますが、その場合針などはもちろん、すでに型紙の形にカットされている布と接着芯などもセットになっている手作り財布のキットを利用して作ってみることをおすすめします。それなら、キットに入っている布の種類を選ぶだけでいいので、簡単に手作りの財布を作り始めることができます。また、必要なものが何なのかを知ることもできるので、次に手作りをするときにどんなものを購入して準備をしたらいいのかがわかりやすいというのもいいです。財布で一番作りやすいのはがま口財布です。初心者でも少し縫うだけで簡単に作ることができるようなレシピが多く、いろいろな柄の布を選ぶことで自分の好みのものを作ることができるのがいいです。

がま口にはチャームをつけるのがかわいい

がま口財布を作るときにおすすめなのが、小さなチャームをがま口につけるということです。かわいらしい布、かっこいい布、シンプルで飾り気のない布という風にその布によってチャームを少し変えるだけで雰囲気の違う財布を作ることができます。いろいろな種類のものがありますが、チャームがついているものは本当にかわいらしく、大人から子供まで雰囲気の違う財布を作ることができるのがいいです。キットのよさは、すでに布がカットされているので面倒な型紙から布を切るという工程がないことです。布を縫って、金具をつりつければがま口財布が出来上がるようになっているので、どんな人でも作ることができるようになっています。手作り財布は案外丈夫で、長く使うことができるようなものを作ることも可能です。