手作りのお財布を作ってみたいけれど、難しいのではないか、と不安に感じる人もいますが、型紙を利用すれば、簡単に手作りをすることができるレシピなどもあります。たとえば、手作りの長財布を作りたいけれど、どうしたらいいのか、というと、簡単に作ることができる型紙を無料で利用することができるサイトなどをネットなどで探して、まずはお試しで作ってみるのもいいです。まずは簡単な型紙を使って、簡単に手作りすることができるものから作り始めるといいです。シンプルな作り方のものを探して、ハンドメイドしやすいものを探します。財布はいろいろな形のものがありますが、一番シンプルで作りやすいのは長財布だといえます。型紙によりますが、まっすぐに縫っていくだけでいいものもあるのがいいです。

型紙で型をとってカットするときは慎重に

財布はまず型紙を使って布を裁断するところから手作りは始まります。まずは、布をぴんときれいに伸ばして、その上に型紙をのせてチャコペンなどで型をとります。その型にあわせてはさみでカットしたら、布をきれいにもう一度伸ばしてそれから縫い始めます。布は財布にしたときにどのような柄になるのかを考えて選ぶといいです。布の種類によってはもう一枚内側の布が必要になることがあります。はじめて財布を作るときは、がま口財布と長財布とどちらがいいのかを考えてみるといいです。どちらもシンプルな作り方の型紙とレシピがあるので、それを参考に作ってみるといいということです。手作りなので、針を使ったり、ミシンを使うことがありますが、本番として財布を縫う前に一度お試しで布を軽く縫ってみると失敗しにくいです。

小道具は一度買ったら便利で使いやすい

それから、どのようなサイズのものにするのか、ということもきちんと考えて作り始めるようにします。布を二枚使って内側にも柄があるタイプのものを作ることも可能です。ハード接着芯を使った、しっかりとした長財布を作りたいという場合は、布は二枚、そしてハード接着芯などのほかにも、ボタンや仮止めクリップなど、いろいろな小道具も必要になることがあります。これらに小道具は一度購入しておけば、何度でも利用することができるのでとても便利です。ミシンを使ったことがない、という人がミシンで突然財布を作るというのは簡単なものでも難しい場合があります。そのため、慎重に、そして財布を縫う前にシーチングなど、薄手の生地で作ってみるといいです。そうすることで、きれいなお財布を作ることができるようになります。