可愛い動物やキャラクターのプリント柄や色とりどりのレースでデコレートされた生地など、手芸店や布地ショップには見ているだけで楽しくなる可愛い生地がいっぱいです。可愛い生地を使って、洋服やバッグ、ポーチなどの小物などいろいろなものを作ることができますが、初心者にオススメなのは手作りのお財布です。手作りのお財布が初心者にピッタリな理由は、作り方が比較的簡単で、少ない布地で作れるためです。いろいろなタイプの財布を作っているうちに、いつの間にかバッグなどの大物を作るのに必要な知識やスキルが身についていきます。また、標準的な手作り財布なら、60センチ四方の大きさの布地があれば作ることができるので、コストがかからないのも魅力です。上級者になると、余ったハギレを組み合わせて財布を完成してしまう人もいるほどです。

財布作りに必要なものを入手しよう

財布を作るのに必要な材料には、布地やリボンやテープ、ジッパーやホックなどの素材やミシン、アイロンなどの道具などがあります。メインの材料となる布地は、手芸店で綿製やポリエステル製、ナイロン製などさまざまな素材のものが販売されています。cm単位、あるいはm単位で計り売りしているので、必要な分量だけを購入可能です。生地が決まったら、糸も忘れずに準備しましょう。基本は生地と同じ色の糸で縫いますが、敢えて生地と糸を違う色にしてステッチを目立たせることもあります。使いたい糸が常備糸の中にあるかを確認しておく必要があります。次に、手作りに欠かすことができない財布の型紙を入手します。自分で設計して型紙をおこすこともできますが、時間がかかってしまうので、初心者はできあいの型紙を利用したほうがよいでしょう。型紙は洋裁の雑誌や書籍に付属していますが、ネットで型紙を販売しているショップもあります。

簡単なものからはじめて徐々にステップアップ

がま口や長財布、札入れやコインケースなどさまざまなデザインの財布がありますが、コインケースや札入れが最も簡単です。コインケースや札入れ、カードケースが一緒になった長財布は構造が複雑で難易度が高いので、最初はシンプルな形状のものから始めたほうが賢明です。書店の手芸コーナーに行けば、財布の作り方が写真入りで紹介された本がたくさん並んでいます。このような本を参考にすれば、初心者でも簡単に財布が作れます。近所の手芸店や洋裁教室の講座に通うのもよいアイディアです。洋裁初心者のために、財布やバッグ、子供の洋服を手作りする方法を教えてくれる講座があちこちの手芸店で開催されています。わからない箇所をその場で質問できるので、初心者でもすぐに上達することができます。